資本主義と社会主義

皆さんは「社会主義」と聞くとどんなイメージをお持ちですか?


何となく「怖い」とかマイナスのイメージを持つ人が多いのではないのでしゃうか?


それは、旧ソ連や北朝鮮、中国などのイメージからかなと思います。


実際、社会主義の国の情報は日本や西欧などの資本主義の国には届かなく、どんな国かよく分からないから、不安な気持ちや恐いといったイメージに繋がるのかなと思います。


日本は資本主義の国ですが、そもそも資本主義や社会主義って何でしょうか?


とても上手に説明されているサイトがあったので、それはこちらをご覧ください。


http://chu.benesse.co.jp/qat/4990_s.html



要は、個人が資本(生産のための土地,資金,施設・設備など)を持つことができるかできないかの違いです。



社会主義は理念は素晴らしいと思います。


個人が資本を持つのでなく、国が資本を持って、みんなで頑張って、みんなで利益を配分する。


とても素晴らしいことだと思います。





でも、それほどうまくはいかなかった。





それは、ヒトは、誰かがやってくれると思うとサボってしまう性質がある。


競争がないことで、生産性が上がらなかったり、必死にならない。


加えて、社会主義の国では、独裁国家となることが多く、国民の自由が制限されたこと。


その結果、ソ連は崩壊し、中国も純粋な社会主義ではなくなっています。





ただ、僕は最近、こう思います。




「お金持ちより、心持ちになりたい。」



それは、お金や綺麗な服や高い車を持つといった物質的な豊かさよりも、
温かい心や心に余裕がある状態でいたいと思います。


物質的な豊かさを求めるあまり、心の豊かさとは反比例する働き方をしていないかなと思っています。


現在の日本、特に首都圏、関西圏、中部圏などの経済圏(博多や仙台などもそうかもしれません)では、決まった時間に出社するため、人が集中し、満員電車に乗ります。


満員電車を快適だと思っている人は少ないのではないでしょうか?


仕事でも、毎日ハッピーという人は極めて少数に思います。


フランスやスペインなどでは、年に2週間以上、多い時には1ヶ月くらい連続休暇を取れます。


日本で、そのような働き方をしている方は少ないと思います。



日本は極めて正確に電車が運行しますが、そこまで時間に縛られて正確である必要性はあるのかなと思います。


それは、もっと曖昧で、良い加減の方が心にゆとりができるのではないかと考えているからです。


ちなみに、僕はいい加減や適当という言葉が好きです。


多くの方は否定的なニュアンスと捉えると思いますが、
よく漢字を見てください。




「良い加減」であり、「適当(ちょうどいい)」ということです。




日本人は国民性として、真面目で勤勉というのは、とても素晴らしいことだと思いますが、
「良い加減」や「適当」が苦手なのかなと思います。




僕はもう少し、仕事の働き方に柔軟性があったり、曖昧さを持たせる方が、生き物として、自然なんじゃないかなと思っています。


ただ、今は、まだ目標とする働き方を実現できる環境にないので、そうなるように力を注ぎたいと思っています。





【まとめ】
①心にゆとりを持って生活していきたい。
②そのために、曖昧や良い加減に生きていきたい。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ(ここから探すのがオススメです)

株価&為替ボード

最近の記事+コメント

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

YUKI

Author:YUKI
公認会計士・税理士
(大阪出身で、現在は滋賀在住)

新卒で銀行に行くも、あまり合わなくて、公認会計士に。

東京で上場企業の監査をした後、
今は京都の税理士法人で主に中小企業の税務、社会保険、株価の算定等をしています。

中小企業の経営者の良き相談相手になることを日々考えて仕事しています。

法学部卒なので、法律も少しかじっています。


<好きな言葉>

「楽しくないことでも楽しんでいきたい」

生きてるとイヤなことがいっぱいありますが、心の持ち様で明るく笑い飛ばせればいいなと思ってます。


お気軽にコメントください。

ページの先頭へ戻る